読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

展覧会に行くと、草間に軽く抱かれてしまった。

草間の作品は、どれを見たらいいのか。 どんな人が見に行っているのか。もしかして六本木おしゃれさん? そして抱かれる。(間接的に) まとめ 草間の作品は、どれを見たらいいのか。 思った以上にドット職人の風合いが強かった。そして、じかに作品を見ると…

ボランティアの未来と人とのつながりについて

ボランティアとは、巷でよく聞く言葉だが、実際の中身については、よく知らない人も多いのではないか。辞書では、自由意思を持って社会事業・災害時の救援などのために無報酬で働く人とある。無報酬とは、つまりただ働きともいえる。いったいこの現代にただ…

素敵な本と出会える場所は、素敵な本読みが知っている。

前回予告した本を買う場所について書いてみたいと思います。 いったい素敵な本はどこで出会えるの? と疑問に思っているそこのあなたへ、 いきなり結論から言うと、本をテーマとする会合に参加するべし! 私はいままで新刊書店(新品の本を売っているお店)…

ドラえもんのび太と雲の王国と本を買う場所について

漫画の「ドラえもん のび太と雲の王国」を読んだ。これは、作品が長編映画として放映される頃、同時にコロコロコミックに掲載された漫画だ。 その内容は、のび太が天国はこの世に存在しているはず、と天国研究をしているところ、それを見かねたドラえもんが…

中古ゲームを楽しむ。

中古ゲームは、値崩れしない。たとえば、中古の価格として20年以上前に発売されたポケットモンスターの赤は、近所の店舗だと500円だった。当時の新品の価格は、4,5千円くらいではないか。現在新品だと1万越えをし、プレミア価格がついてある。いったい誰…

買わない技術

昔、編集のワークショップに参加したことがある。そのとき、書籍の企画を一本作り、プレゼンすることがあった。記録として、書いてみたい。 タイトル「買わない技術」 問題提起 なぜ企画してみたのか。それは、私が不必要なものばかり買ってしまうところがあ…

ミッキーは谷中で六時三十分(著)片岡 義男 を読んでみて

この本は、とてもおしゃれな本である。地の文の軽快さや言葉遊びのような会話からそう感じた。先日、読書会の中でほかの参加者と読み合った。様々な視点からの発言があった。しかし、複数人で読み合っても解釈が分かれ、いまでも理解できない箇所がいくつか…